シミやくすみでお悩みの方に、20代・30代・40代それぞれの年代に適した美白化粧水の選び方とおすすめ商品のランキングを掲載しています。美白化粧水をどうやって選んだらいいのか迷ってしまっている方は、こちらのサイトをチェックして一度整理してみることをおすすめします。自分に合った美白ローションを見つけることがシミのない肌への近道です。

美白化粧水選びはここに注目すれば大丈夫!

美白化粧品を選ぶ前に

満足できる美白化粧水を選ぶためには、美白の効く肌に導く成分が配合されているかが鍵。美白の効く仕組みをしっかりと理解し、どんな成分が配合されているものが良いかを確認しましょう。

セラミドが大事

シミやくすみは肌のバリア機能が低下することで、肌を防御するためにメラニンを過剰に生成するためにできます。ですから、シミをを作らせないためにはバリア機能を強化する必要があります。肌のバリア機能を高めるために欠かせない成分がセラミドです。したがって、セラミドもしくはセラミドの産生を高めてくれる成分が配合されていることが望ましいです。

アミノ酸が大事

実感できる美白ケアを実現するためには、美白成分がメラノサイトまで浸透しなければいけません。そのためにも美白成分の通り道がふさがれていないことが重要です。肌のラメラ構造が乱れていると浸透の妨げになってしまうので、ラメラ構造をきちんと正常化しなければいけません。そのために必要となる成分が必須アミノ酸です。アミノ酸によって、ラメラ構造を整えることが美白ケアでは欠かせません。

ビタミンCが大事

シミを薄くするためにはメラニンを過剰に作らせないことと、黒くなってしまったメラニンを素早く排出する必要があります。その2つのケアに対応した成分がビタミンCです。ビタミンCにはメラニンの生成を抑える働きと、ターンオーバーを促進させてメラニン色素を排出する働きがあります。ですから。ビタミンCが配合された美白化粧品を選ぶことが必要不可欠といえます。

実感できる美白化粧水おすすめランキングBEST3

サエル
主成分:白様雪/アミノコンプレックス/ビタミンC
セラミドの生成を促進してくれる白様雪、ラメラ構造を整えてくれる5種類の必須アミノ酸(アミノコンプレックス)、シミに効果的な有効成分であるビタミンCを配合した美白化粧水。低刺激なので、肌の弱い方にもおすすめ。
アンプルール
主成分:セラミド/アルギニン/ハイドロキノン
浸透性に優れたターゲット保湿型セラミドとアミノ酸の一種であるアルギニンが配合された美白化粧水。美白成分として新安定型ハイドロキノンを配合。
ビーグレン
主成分:ラフィノース/ビタミンC
ラメラ構造を安定化させる働きのあるラフィノースとビタミンCを配合した美白化粧品。浸透力を高めるために独自の処方を採用しているところがポイント。

実感できる美白化粧水おすすめランキングBEST3

サエルの美白化粧水が第1位に選ばれる理由!

セラミドを生み出す白様雪を配合
⇒ 肌のバリア機能を高めてくれるセラミドを作る白様雪を配合しています。肌内部でしっかりとセラミドを作れるように導くので、角質層の隅々までセラミドが行き渡ります。これによって、紫外線ダメージに負けない肌へ導き、シミを徹底的に防ぐことができます。
アミノコンプレックス(5つの必須アミノ酸)を配合
⇒ 肌内部に存在する5つの必須アミノ酸を組み合わせたアミノコンプレックスを配合しています。これによって、肌のラメラ構造を整えることができ、美白成分の通り道を確保することができます。メラニンまで美白成分が届くので、実感力がアップします。
美白有効成分ビタミンCを配合
⇒ メラニンの生成を抑えてシミになるのを防ぐ作用とシミになった肌細胞を排出するターンオーバーを促進する美白有効成分「ビタミンCを」を配合しています。シミができない肌に導くだけでなく、今あるシミを追い出す役割も果たしてくれます。


美白に必要な成分を肌内部でしっかりと生み出せる状態に導くのが「サエル」の強み
サエル美白化粧水の詳細はこちら